老人ホームのいろいろ

最近、どこの街を歩いていても目につくようになったのが老人関連施設ではないでしょうか。
綺麗なマンションが出来たなと思っても、そこが老人関連施設と言うことが多いようです。
そんな施設を一言で「老人ホーム」と片付ける人も多いようですが、実際において内容には相当の違いもあるのです。
この「老人ホーム」と呼ばれるものには、「特別養護老人型」や「養護老人型」「、軽費老人型(A型・B型・ケアハウス)」更に「有料老人型」と4種類に分けることが出来ます。
しかし「有料老人ホーム以外の3つの施設は、老人福祉法を基にして作られた「老人福祉施設」ですが、「有料老人型」は営利目的を持った法人等によって運営される「集合住宅」になることで、福祉施設には該当しないのです。
ですから「有料老人型」は、提供するサービスの内容を独自に設定することが出来、食事なども個人の希望が通り満足のいく生活を送ることが出来やすい環境にあります。
これに対し残りの3施設は、老人福祉法の対象ですからサービス内容も定められており、費用負担は比較的軽くなっているのです。

これで安心老人ホームの選び方

高齢化社会が進む日本において老人ホームはなくてはならない存在になっています。自宅で最期を迎えたいという人はまだ多いようですが、一方身体が不自由になったら素人の身内ではなくプロの他人に見てもらいたいという人も増えているのです。これから老後を迎える人にとって自分が入るべき老人ホームを選んでおく必要があるのです。
老人ホームと言っても色々な種類がありますが、大きく分けると介護保険で運営されているホームと、株式会社などの民間の運営するホームの2種類に分けられます。前者は介護保険の事業なので費用がリーズナブル、しかし要介護度が高くないと入れません。それに対して後者は値段はピンキリですが、一般的に介護保険よりはだいぶ高額になります。
ただ、要介護でなくても入居できるなどのメリットがあります。
施設のサービス面では後者の方が勝ることが多いのですが、値段が高いので前者が人気です。それなら早いうちに申し込んでおこうと思われるかもしれませんが、実は申し込み順で決まるわけではなく、優先度が高い人順番に入居が決まっていくのです。今すぐに入りたいとなると、民間業者の行う有料のホームしかありませんし、人気のところはすでにいっぱいだったりするのです。お金はかかりますが、老後はホテルのような快適な空間でサービスも満載な環境で暮らしたいなら民間が行う有料のホームを、費用面が心配であるなら介護保険が行うホームを利用するのがいいでしょう。


check

tシャツデザイン
http://www.tsfact.com/print/
カーテン おしゃれ
http://www.monreve-japan.jp/
冷え取りソックス
http://hacu.jp/
バッグをクリーニングするなら
http://www.kawairo.com/
和装前撮り 京都
http://www.kyoto-location.com/

Last update:2014/12/16